海外ドラマ * はじめの5分に学ぶ英語

お家で大好きな海外ドラマを観ながら、英語を学び続けていけたら...

【海外ドラマ】ボッシュ名言3つ

 

amazonプライムのオリジナル作品

「BOSCH」シーズン1〜4、

すごく、おもしろかったです!

 

f:id:live-yourlife:20181223145239j:plain

 

LAを舞台にした刑事ドラマ。

 

シーズン4まで観たら、

もう一回、シーズン1から

見返したいような作品。

 

2回目も、

すごく、おもしろかった。

 

「ああ、それは、

そういうことだったのか〜!」

と色んな発見があって楽しめました。

 

個人的には、

シーズン2と4が特によかった。

 

はじめの5分に出てくる

英語フレーズ

まとめ終わりました。

 

「Are you ok?」を「You ok?」

などと省略する場面が多く、

どちらかというと親しい友達

との間で使えるフレーズが多いです。

 

 

ここでは、

名言を3つ紹介したいと思います。

  

日本語は個人の意訳です。

 

Everyone has

two dogs fighting inside of them.

One does the right thing and one doesn't.

 

The one you choose to feed in the end

is the one who wins the fight.

I fed the right one.

 

(Harry Bosch from Season1)

 

自分のなかで2匹の犬が闘っている。

正しいことをする犬と、そうじゃない犬。

 

最終的に、どちらの犬を育てるのか、

選ぶのは、自分。

育てた方の犬が勝つ。

自分は、正しい方を育てた。

 

 

Maddie: Does the hurt ever go away?

 

Harry: No.

Closure is a myth.

You sort of put it in a box.

 

And when it gets out,

you wave, you go on,

so you can get out of bed in the morning.

 

(from Season4)

 

「キズは、いつか、なくなるの?」 

 

「いや、なくならない。

箱の中に入れておくような感じ。

 

箱から出てきたときは、

適当に挨拶でもして進み続けるんだ」

 

 

Well, you need a sense of humor

when your life is totally f*cked.

 

(Francis Sheehan from Season4)

 

人生、落ちに落ちてるときは、

笑いがないとね。