海外ドラマ * はじめの5分に学ぶ英語

お家で大好きな海外ドラマを観ながら、英語を学び続けていけたら...

【洋書の名言】Deep Work

 

日本語は、個人の意訳だったり、感想だったり。

 

The feeling of going deep

is in itself very rewarding.

 

我を忘れて、時間を忘れて、

何かに深く没頭する時間は、

とても幸せな時間。

 

ふと思った。

子どものころ、時間を忘れて遊んだ。

あのような感覚なのでは、ないだろうか。

 

大人になると、

そのような時間が

減っていくように思う。

 

もう一度、

あのころの感覚を取りもどしたい。

 

そのような時間のなかで生きる。

それが、本書でいう「Deep Life」なのかもしれない。

 

 

 

Three to four hours a day,

five days a week, of uninterrupted

and carefully directed concentration,

can produce a lot of valuable output.

 

1日、3〜4時間 、週5日。

「Deep Work」に使った時間は、

貴重なアウトプットに、つながる。

 

 

 

Identify a small number of

ambitious outcomes to pursue

with your deep work hours.

 

「Deep Work」な時間を、

なんのために使いたいのか。

 

「Deep Work」は、

道のようなものかもしれない。

自分の向かいたい目的地に行くための道。

 

目的を達成するための道具(ツール)。

 

 

 

If you give your mind

something meaningful to do

throughout all your waking hours,

you'll end the day more fulfilled,

and begin the next one more relaxed.

 

自分の脳に、

どのようなタスクを与えるのか。

 

何もやることを与えないと、

雑念などで、頭も心もいっぱいに

なってしまうのかもしれない。

 

充実した毎日を送るために、

「Deep Work」

 

 

 

Some decisions are better left

to your unconscious mind to untangle.

 

これ、いつ読んでも、すごく好きな言葉。

 

どれだけ考えても、わからないことは、

とりあえず、保留、置いておく。

 

無意識か潜在意識か、何かが、

少しずつ、ひもといてくれる。

 

 

 

著書:

f:id:live-yourlife:20180303171810j:plain

日本語版:大事なことに集中する

 

 

関連記事:

【わたしの100冊】Deep Work