英語は、これだけ!

楽しみながら、続けられるか、どうか

【学習のコツ】また出会い、そして、また出会う

 

今、海外ドラマ「スーツ」

シーズン6を観ています。

 

1つのエピソードごとに、

出てくる英語フレーズ3つくらいを

ツイッターで紹介しています。


 

 

 

f:id:live-yourlife:20180802140259j:plain

Photo by Modestas Urbonas on Unsplash

 

昨日、

Water under the bridge.

というフレーズが出てきた。

 

「あ、前にブログで紹介したフレーズだ〜」

 

ブログで紹介したのは、

「It's water under the bridge.」だけど、

 

今回のように「It's」を

省略することもできる。

 

「デスパレートな妻たち」にも

出てきたのを覚えている。

 

 

前に「1つの英単語と仲良くなろう 」

という記事を書いた。

 

一度学んだ、

一度出会った単語やフレーズに、

また出会うことは、大切だなって思います。

 

フレーズ集で学んだことが、

映画に出てきて、聞きとれたり、

実際に自分で会話のなかで使ってみたり。

 

それが、くり返されて、

少しずつ自分のなかに定着していく。

 

前は、意味を思い出すのに

時間がかかったフレーズが、

一瞬で思い出せるようになる。

 

 

もし今、

英語圏に住んでいるなら、

生活すべてが学びになる。

 

「この人の話しかた、いいな〜」と

思える人から集中的に聞きとって

学んでいくのもいいかもしれない。

 

もし英語圏に住んでいないなら、

やっぱり海外ドラマがオススメ。

 

セリフを書いている脚本家が、

だいたい同じなので、同じフレーズや

似たようなフレーズが次のエピソード、

また次のエピソードに出てきたりする。

 

関連記事:

海外ドラマはじめの5分に学ぶ英語