英語を学ぶ

楽しみながら、英語を学び続けていけたら...

【海外ドラマ】右脳で学ぶ英語

 

英語は右脳で学べ!

という本を読みました。

 

amazonプライム会員は

kindle版を無料で読むことができます。

(2018年11月現在) 

 

英語を右脳で学ぶ方法の1つとして、

海外ドラマがオススメされていて、

 

そのメリットとして、

次の4つが紹介されています。

 

①映画以上に 、

日常会話のシ ーンが多く 、

リスニング教材 、スピ ーキング教材として効果が高い 

 

②非常に臨場感が強い 

 

③興味の持続が湧き続ける工夫が

凝らされ 、英語学習を続けやすい 

  

④映像学習のため 、

状況の中で意味を確認できる

 

 

4番に関しては、

本当にそうだな〜って。 

 

この英語フレーズは

こういう意味(日本語)だと

学ぶのは、左脳的かもしれない。

 

左脳的な学びかた:

英語=日本語

 

 

f:id:live-yourlife:20181113173825j:plain

Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash

 

 

海外ドラマだと、

こういう場面では、こういう

言いかたができるんだな〜って

感覚的(右脳的)に学ぶことができる。

 

同じ英語フレーズでも、

会話の場面によって

ニュアンスが変わるということも、

感覚として身につくようになる。

 

 

2番の臨場感は、

そっかー、それも

大切なのかと納得。

 

右脳学習において、

どれだけリアルに感じるか、

実際に自分がドラマの世界に

入りこめるかが大切なのだそう。

 

なるほど。

 

  

3番も、すごく納得。

自分が好きなドラマ、

続きをどんどん観たいと思うような

作品を選ぶことが大切だな〜って。 

 

 

さいごに

 

どの言語も

使わないと忘れていく。

 

海外ドラマは、楽しみながら、

その言語に触れ続けることができる、

個人的には、すごく愛着のある学習法。

 

洋書を読んだり、

ポッドキャストの

インタビューを聞くことで、英語に

接することも大切にしているけど、

 

会話で使える

英語を学びたいなら、

やっぱり海外ドラマが1番。

 

この本を読んで、

海外ドラマを観ながら

学べる英語フレーズ集を

つくる意欲もさらに高まりました。

 

 

関連記事:

海外ドラマはじめの5分に学ぶ英語

【一覧】英語フレーズ集