英語を学ぶ

楽しみながら、英語を学び続けていけたら...

【洋書の英語】The Signature of All Things(その2)

 

600ページくらいの長編小説を読み終わると、

ちょっとした達成感がありますね。

 

印象に残った箇所を

まとめてみました。

 

前回の記事(その1)は、こちら

 

 

That was a severe blow,

but one carried on.

それは、ひどい打撃だったが、

それでも人生は続いていく...。

 


 

 

You are an idealist, which means

that you are destined to be disappointed,

and perhaps even wounded.

あなたは理想家だ。

高い理想を持っていると、必ず失望する。

それによって、キズつくことだってあるかもしれない。

 

 

 

 

Do you not also feel as though

you are more powerful when I am near?

これ、うまく訳せなかったけど、

なんとなく印象に残った言葉です。

 

一緒にいるだけで、自分の心が

元気になるような人っていませんか?

 

たぶん、相手の心も

元気になっているのだと思います。

 

そのようなニュアンス。


 

 

Don't believe a single thing

any cunt or bastard ever tells you in this world. 

You go find out!

誰かが言うことを、そのまま信じるな。

自分の目で、自分の心で確かめに行きなさい!






There was nothing more to be learned here.

ここで、これ以上学ぶことはない。




She could not always identify

whether the idea was chasing her,

or whether she was chasing it.

そのアイディアに、

自分が追いかけられているのか、

 

それとも、自分が、

そのアイディアを追いかけているのか、

 

いつも、よく分からなかった。





Mosses can change their fate

either by altering their location,

or by altering their internal structure.

コケは、場所を変えるか、

内部構造を変えることで、

自身の運命を変えることができる。



おもしろい...。

 

人も、

住む場所を変えたら、

自分の運命が変わる。

 

古い自分から新しい自分に

生まれ変わることでも、運命は変わる。



自分を変えるのか、

環境を変えるのか、

それとも、両方変えるのか...。