英語を学ぶ

楽しみながら、英語を学び続けていけたら...

【Wonder読書会⑤】A Tour of the Galaxy〜An Apparition at the Door

 

ちょっと一言

 

「ここを越えていく」

 

というようなポイント、

峠のようなものが、

どの道のりにもあると思います。

 

人それぞれ、そのポイントの

数や種類や場所が違うかもしれません。

 

自分の傾向について、

なんとなく知っておくこと、

考えてみることが大切だと思います。

 

自分は、始めることは得意だけど、

いつも、このあたりに来ると、

バテちゃうんだよな、とか。

 

いったん始めると軌道にのるんだけど、

始めるまで、腰が重いんだよな、とか。

 

ちょっと、ここらへんで、ペースを

落としてもいいかもしれないな、とか。

 

前にも、こういうこと、あったな〜。

いつもの自分のパターンだ。

前は、どうやって越えたっけ?

今回は、どう進んでいけばいいかな...?

 

 

Part2: Via

 

主人公のお姉ちゃん

「Via」の目線から語られます。

 

 

A Tour of the Galaxy

 

f:id:live-yourlife:20190115140156j:plain

https://www.worldatlas.com/articles/how-many-planets-are-there.html

 

 

概要:

わが家の宇宙は、太陽である

「August」を中心に回っている。

自分のことは自分で、なんとかしてきた。

 

I'm used to

the way this universe works.

 

I'm used to 〜

 

自分は、〜に慣れている

 

3週目「September」

4週目「The Cheese Touch」にも

似たようなフレーズが出てきました。 

 

【Wonder読書会③】Choose Kind〜Jack Will

【Wonder読書会④】Mr. Browne's October Precept〜Names

 

 

ここでの「works」は、

仕事や働くとは違う意味で使われています。

 

ここでは、「works」を

「operates」という単語と

置き換えることができます。

 

the way this universe works

 

この宇宙(わが家の宇宙)が

どのように機能するのか

 

この宇宙(わが家の宇宙)の

機能の仕方

 

 

 

Before August

 

概要:

August が生まれる前のこと。

August と初めて会ったときのこと。

 

I honestly don't remember my life

before August came into it.

 

最後の「it」は

「my life」のことです。

 

 

I honestly don't remember 〜

 

本当に、〜について覚えていない

マジで、〜について覚えてない

 

「I honestly don't remember.」

だけでも使えるフレーズです。

 

本当に覚えてない。

マジで覚えてない。

 

 

 

Seeing August

 

概要:

自分が August を見る目と

他の人が August を見る目が違うことについて。

 

おばあちゃんが話してくれた秘密について。

 

But just two months after

I stayed with her in Montauk,

my beautiful Grans died. 

It was so completely out of the blue.

 

「It was out of the blue.」の方が、

よく聞くフレーズだと思います。

 

急なことだった。

予測していないことが急に起こった。

 

というような意味です。

 

ここでは、

「so completely」が加わって

まったく予測もしていなかった、

とても急なことだった、

というようなニュアンスになります。 

 

 

 

August Through the Peephole

 

概要:

August の具体的な外見について。

「August は、August自身のことを

どう見ているんだろう?」と考える。

 

His eyes are

about an inch below

where they should be on his face,

almost to halfway down his cheeks.

 

inch

1インチ= 2.54cm 

 

ここでの「about」は

「〜について」

という意味ではなく、

「約」とか「だいたい」

 

ここでは、August の目が、

普通の目があるべき場所より、

だいたい1インチくらい下にある、

という描写。

 

 

 

High School

 

概要:

中学校、高校について。

小学校からの友達

「Miranda」と「Ella」について。

 

What I always loved most

about middle school was

that it was separate and different from home.

 

What I love about 「A」is「B」

 

「A」が大好きなのは、「B」だから

 

自分が「A」について大好きな点は、「B」なこと

 

ここでは、

中学校が、家とは切り離された

違うところという点が、ずっと一番好きだった。

 

 

 

Major Tom

 

概要:

Miranda が August に対して

とても優しいことについて。

 

高校初日、Miranda の外見が

ものすごく変わっていたこと。

3人の関係性が変わっていく様子。 

 

Miranda had always been a little flaky,

so I figured that's all it was.

 

flaky

 

flakyな人は、

約束を守らないような人

ドタキャンするような人

 

どっちつかずで、

はっきりしないところがある

 

ふわふわした感じ

 

地に足がついている

というよりは、流動的

 

そんな感じの形容詞です。

 

 

 

After School

 

概要:

放課後、Miranda のお母さんに

家まで送ってもらうことになっていたが、

ちょっとしたウソをついて、

バスと地下鉄に乗って、自分で帰った。

 

家では、「August の学校初日は、

どうだった?」という話になる。

 

It was Miranda in eighth period.

She had just sat down at the desk right behind me.

 

eighth period

 

(授業の)8時間目

 

 

 

The Padawan Bites the Dust

 

概要:

その日の夜、

August がスターウォーズ風に

伸ばしていた髪を切ったことに対して、

なんでかよくわからないけど、イライラした。

 

寝る前に、お母さんが

様子を見にきてくれた。

そのあとは、

August につきっきりで、

戻ってきてくれなかったが、

お父さんが来てくれた。

 

I had always found

his obsession with everything Star Wars

kind of geeky, and ...

 

kind of geeky

 

なんとなくオタクっぽい

 

 

 

An Apparition at the Door

 

概要:

夜、ノドがかわいて 目がさめる。

お母さんが August の部屋の前に立っている。

 

I wonder how many nights

she's stood outside his door. 

And I wonder if she's ever

stood outside my door like that.

 

I wonder 〜

 

(あえて日本語にするなら)

〜について考える

という意味が近いと思います。

 

 

要訳すると

 

お母さんは、何度

Augustのドアの前に立ったのだろう?

 

そんなふうに、

私のドアの前に立ってくれたことは、

あるのだろうか?

 

 

 

 

今週は、ここまでです。

次の更新は、2019年1月26日になります。

 

Wonder読書会の概要や

スケジュールなどは、こちら。 

 

質問や

ピックアップしてほしい

フレーズなどがあれば、

 

以下の宛先に、以下の内容で

メールしていただければと思います。

  

宛先:kanata2022@gmail.com

 

件名:【Wonder】Part1: Ordinary(該当する箇所を入力)

 

本文:質問やリクエストなど

 

質問やリクエストは、

2019年5月末まで受けつけています。